トップ

敏感肌改善の入浴法

敏感肌でお悩みの方は湯船が吉

敏感肌にお風呂がいい理由

一日の疲れを、ゆったりとしたバスタイムで癒す・・・湯船に入って体の疲れを取ることが習慣としてある日本人なら誰しも感じる至福の時でしょう。ただ、お風呂に入ると肌が赤くなる、ぽつぽつと発疹がでる、ピリピリとした刺激を感じるという症状が現れる敏感肌の人にとっては、お風呂に入るのをためらってしまいがちです。

簡単にシャワーで済ませてしまえば、刺激も少なく清潔に体を保てそうですが、敏感肌の人こそ湯船につかることがおすすめなのです。

敏感肌で悩んでいる人こそお風呂につかることを勧めたい理由の一つに、長く湯船につかる時間が体を芯から温め、血流と代謝を良くし体の老廃物を排出しやすくすることが挙げられます。古い角質を湯船につかって浮き上がらせて肌を清潔に保ち、不要な老廃物をきちんと体外に出すこと。これが敏感肌を解消するためにはとても大切なことです。

ただ、お風呂の温度設定には注意しましょう。敏感肌の人にとって高い湯温は、充分に刺激になります。敏感肌は、角質層と呼ばれる水分の皮膚膜部分に隙間が多いため、外部刺激に弱くなりがちです。刺激を感じやすいのと同時に、必要な皮脂も流れでやすくなっています。ですから湯温は38から41度に設定して必要な皮脂は肌にとどめ、乾燥を防ぐことが大切です。

また自分は敏感肌だと思っている人は、毎日の忙しい生活や悩み事でストレスを抱えるタイプの人が多いのも特徴です。そこで、心と体をほぐし、リラックスしたバスタイムを過ごすことで、自律神経が整えられて、ストレスを緩和することもできます。低めの温度設定で、バスソルトや天然成分を配合した体刺激の入浴剤などを使うと、湯冷めをせず体のぽかぽかを保つことが出来ます。

あまりにも肌状態が気になる時は、一日に数回シャワーでさっと流して清潔に保つというのも症状緩和になります。

Copyright © 敏感肌でお悩みの方は湯船が吉. All rights reserved.